住宅ローン審査落ちた理由は?通らないのは借金・年収・年齢のせい?

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

それは団体信用生命保険という名前の保険です。

団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。

これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担というのが一般的です。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。

今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

ただ第三者であるアドバイザーの意見を聞いてから、借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多く専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行から薦められる事はありません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

生涯の中でこれほど大きな金額を扱うことはないであろう、真剣に選びたい住宅ローンをどのように選択しましたか。

近々、マイホームの為の融資を受けたいと思っている方もまずは実際に利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

ランキングで今、一番上位を飾るのが新生銀行なのです。

理由は金利の安さがどこよりも優れているためです。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、キャンペーンを上手く利用すればとてもお得です。

ただし良い評判だけではないのはどこの銀行も同じです。

自分でも出来る範囲で調べてから相談してみると良いですね。

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えを考えている方も多いでしょう。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えを考えている時はそういった事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

普通は、住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

期間は最長で35年もありますので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険を掛けます。

こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合借金がなくなる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

新しく家を購入するために住宅ローンを申請したけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

参考:住宅ローン審査落ちた理由は?借金・年収・年齢【基準通らない?】

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、信頼できない人と見なされ審査には通らないでしょう。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。

将来、中古でも新築でも家を購入される場合はローンの他に火災保険にも入らなければなりません。

これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、わざわざ保険にお金をかけるべきかという方も少なくありません。

ただ、もしも火事に遭って家が無くなってしまった場合にもしも保険に入っていなければ、ローンは消えることなく住む家がないのにローンを払い続けなければなりません。

こうした負担を防ぐために、保険に加入することであなただけでなく、ローンを提供した側も助かるのです。

このような理由で、契約を求められるという訳です。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、別れた後でも養育費を払う責任があります。

最初に名義人は誰なのかと細かな契約内容を把握して、夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。

家を売ってお金にするという方法もありますが、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

高額な商品ですので、後悔のないようしっかり話し合って下さい。

ゆくゆくは自分の家が欲しい方、住宅ローンを考えている方は以下の点に注意して選んでみると良いでしょう。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

ですので低金利だからといってそれだけで選ばないで下さい。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

どれほど安い金利であっても他の諸費用がかかってしまうと、つまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。

金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。

実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。

店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。

物価が上がる前にマイホームが欲しいと思ったとき金融機関ならどこでも申請可能な住宅購入時の貸付を頼ると良いです。

申し込みした場合、初めに審査があります。

まずそれを見事に合格しないと、次の段階に進むことはできません。

特に重要視されがちな判断材料は年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

さらに、カードローンの利用歴も厳しくチェックすることがあるので今後本当に家の購入を検討しているのであればあまり無謀な使い方はされないことをお勧めします。

近いうちに両親との同居を検討しているという貴方に、この場を借りて新しい住宅ローンについてご説明致します。

一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり年を重ねるとどうしても審査に通りにくくなってしまいます。

ところが、親子が一体となって借入れする親子リレー返済なら、年齢がいっていても安心して申込み出来るのです。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく返す時期をずらしていく為に可能なのです。

この為に通常のローンよりも長く借入れ出来るのです。

独りで返さなければならないと思わず気軽に相談してみましょう。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後から後悔のない選択が出来ると良いですね。