洗顔石鹸お気に入りは?

洗顔石鹸を使い始めてどのくらいの期間を経てお気に入りの石鹸にたどり着きましたか?まだまだお気に入りにはたどり着けない"石鹸難民"の方や、"石鹸バイキング"でひたすらあちこちの石鹸を試しまくって固定化しない方も、きっといつかはお気に入りの石鹸にたどり着ける日がくるのかもしれません。
ここからは、ある人のお気に入りの石鹸にたどり着くまでのお話をご紹介します。
就職をして仕事に就いたとき、会社の人の紹介である化粧品会社の洗顔石鹸を勧められるがまま使っていて、その商品が自分の定番となって長く使っていたのですが、結婚して引っ越しをして、その石鹸とは縁がなくなってしまったある日、違う化粧品会社の石鹸の評判を聞いて販売店で購入してからはその石鹸が手放せなくなったそうです。
まだ他の石鹸をあまり使ったことがなかったので比較もなにもなかったと言いますが、それでも一発で自分の肌に合っていたのでしばらく愛用していました。
しかし妊娠して肌質が変わり、それまで使っていた石鹸が何となく合わなくなってしまったので変えようかどうしようかと悩んでいた時に、転勤を伴う引っ越しをすることがその販売店とお別れするきっかけになり、次の洗顔石鹸探しは出産後に再開することになったそうです。
そのときに出会ったのが、たまたま通信販売の商品のカタログの中に入っていた洗顔石鹸やクレンジングオイルのサンプルでした。
ちょうど使うものを切り替える時期もあって興味津津で使ってみると、産後のお肌にぴったりと合い、早速その商品を通信販売で購入するようになりました。
しかしオイルクレンジングは合うのですが、洗顔石鹸はいまいちな使い心地にどうも納得いかなかったので、そこからまた洗顔石鹸探しを始めます。
人に評判を聞いたり、店頭で色々な商品を眺めたりしてもピンとくるものはなかなかなかったと言います。
そしてたまたま目に留まった新聞の折り込みチラシに掲載されていた通信販売の商品の愛用者の声を事あるごとに何回も何回も目にするようになって、徐々にその使い心地に惹かれ始めました。
そして合わなかったら今回限りと決めて購入してみました。
するとオイルクレンジングした後に使うその洗顔石鹸は汚れやオイルをさっぱり落としてくれて、洗顔後には潤いがしっかり残ってとても気持ちがよく、それ以来その洗顔石鹸を手放せなくなったといいます。
帰省や旅行などでうっかり買い忘れたりするとコンビニに買いに走ったりするなど、間に合わせの洗顔石鹸は一切使いたくはないという相当な惚れっぷりです。
長年まとめ買いで買い続けているので、個数に応じて割引がきいてお得感も使い続ける理由のひとつとなっているそうです。
このようにあまり大きな失敗もなくお気に入りにたどり着けた例はごく稀なのかもしれませんが、よく見てみると自分のお肌のことをよく分かっているからこその選択でうまくたどり着いた例と言えます。