AGA遺伝子検査ってどうなの?何が分かるの?

ネットでAGAの治療方法について検索すると画像付きの経過報告をしているサイトを見つけることができます。

大半の方は、治療開始から3ヶ月程で効果が表れてくるようで、定期的に経過写真を上げてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中にはうさんくさいサイトもありますが経過のほかにも、費用や使用している薬なども紹介してくれるサイトがあるのでとても参考になります。

AGA治療を開始すると、初期脱毛などが起きたりするので実際の体験談が記載されているとその症状はみんな一緒なんだとほっとできますよね。

AGAに関するサイトは、閲覧者数が多いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いという事かもしれません。

AGAの治療は市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品になりますのでドラッグストアで扱っている医薬部外品よりも高い効き目が期待できます。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤を使い続けるよりは確実に結果を期待できます。

それから、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをすることを心がけることで一段と効果がアップするのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、脂っこいものや刺激物を控えると良いでしょう。

AGAのCMに起用された最初の芸能人といえば爆問のお二人でした。

爆笑問題がCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMのおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

最近では、育毛剤のCMに二枚目俳優さんやロックシンガーの方の起用も増えてきたのでAGA治療に踏み出すハードルはかなり下がったと思います。

最近では薄毛に困ってなさそうな芸能人がCMに起用されているので違和感がありますが薄毛の人が起用されると、リアルすぎて悲壮感が強いのかもしれませんね。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛といった副作用を起こす可能性があります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるというのは薬が体質に合っていないのではないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛が発症したということは効いている証拠ですので心配したり悲観する事ではなく、喜ぶべき症状なのです。

初期脱毛で抜けていく毛というのは不健康な髪の毛なのでそれらが抜け落ちた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるのです。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症すると言われミノキシジルをでも同様の副作用があります。

AGAの治療に効果があるとされる薬にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルと呼ばれる塗り薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがありヘアサイクルの乱れを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進する働きがあり毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化して発毛を促進する効果があります。

しかし、どちらの薬品も発毛剤として開発されたわけではなくプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されたものでした。

プロペシアにもミノキシジルにも薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたため今ではAGAの治療薬としても処方されています。

薄毛にお悩みの方はAGA治療は病院で診察してもらい有効性が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

保険の適用外なので実費となりますが市販薬よりずっと効き目がありますのでおすすめです。

効果が高いといっても、副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬も有効とされていますので、そちらを使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められている薬ですので信用していい薬と言えるでしょう。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、日本でAGAの治療として認められているのは塗り薬の外用薬だけです。

AGAとはどういったものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる髪の毛が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤や養毛剤が作られてきました。

近年、ようやく医療機関で治療を受けられることが知られるようになりましたが保険が使えない自己負担診療になります。

それでも、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれますから市販されている薬よりも症状が改善する確率はかなり高くなりました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、治療を中止してしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療に励むのであれば毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

参照:【AGA遺伝子検査の結果がキターー!!】その内容はいかに?

ファストフードやコンビニ弁当ばかりでは栄養が偏ってしまったり、塩分量が多く血行不良の原因にもなります。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛もしっかり摂ることで抜け毛や白髪の予防をしていくことが大切です。

タンパク質はタマゴや乳製品、ビタミンは緑黄色野菜など亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療に有効なプロペシアは病院で医師の診察を受けて処方箋をもらう必要があります。

市販薬とは異なるのでドラッグストアでは取り扱いがなく保険がきかないので価格が高いことがデメリットでした。

最近ではプロペシアでもジェネリックが販売されるようになり従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品は日本よりもアメリカなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使って作られる薬の事です。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますからローコスト化が可能になり、従来の2~5割程度で提供できるのです。

AGA治療は保険が適用されませんので費用は100%自己負担ということになります。

AGA治療が開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用が掛かってしまうのが普通でした。

保険が適用されない医薬品は市販されている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店の裁量で好きに設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品であっても価格差があり薬局によっては数千円の価格差が出ることもありました。

また、処方箋を出してもらうためには診察を受けなければいけませんので薬代以外にも再診料や診察料が都度発生することを忘れないでください。

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の成長期が短縮されることにより症状が現れます。

AGAになってしまうと髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうため髪質が細くなったり短い髪の毛ばかりが残って薄毛が目立っていきます。

AGA治療にはプロペシアという飲み薬を用いてDHTの生成を抑えることで薄毛改善を目指します。

プロペシアのほかにはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促進させ細胞分裂を活性化させるという治療法もあります。

2つの方法で治療することも可能ですが健康保険の適用外なので結構コストがかかってしまいます。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性で発症する例はありません。

脱毛してしまう原因は男性ホルモンが起因しているとして治療方法は男性ホルモンを抑制する薬品を使うことになります。

AGAの治療にプロペシアという薬品が使用されますが、この薬はDHTの生成を抑制することで効果を発揮するというものです。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分がヘアサイクルの成長期を短くすると考えられます。

成長期が短くなると頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうので髪の毛全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGA治療を始めたいと考えているけど何科を受診すれば良いのか分からないという人はいませんか?AGAの治療は基本的に投薬による治療がメインとなるため内科か皮膚科であればプロペシアを処方してもらえるでしょう。

ただし、病院によってはプロペシアを処方してくれないところもありますので受診の前に電話などで確認しておきましょう。

又、一般病院の皮膚科医や内科医というのはAGA治療が専門というわけではありませんのでAGA専門のクリニックを受診した方が確実なのは間違いありません。

中にはより効果が出やすいように独自調合してくれるクリニックやメソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

安くAGA治療を行うのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

複数の製薬会社からミノキシジル外用剤が販売されており医師の診断を受けずに買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入することは違法ではありませんが品質面での保証が無いのでおすすめできません。

ミノキシジルの育毛効果は頭皮の血行改善によるものなので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや運動する事もAGA治療には有効です。

AGAは親から遺伝するものですから通院や投薬で完治することはありません。

AGAになる人は遺伝子を引き次いでしまっているので現在の医療では完治することはありません。

つまり、AGA治療をやめてしまえば再び抜毛や薄毛は再開してしまいます。

しかしながら、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのも問題があります。

内服薬であるプロペシアは様々な副作用が報告されていますのでライフステージの節目がやめどきだと思います。